マックスファクトリー リネージュII エルフ

久々のフィギュアレビューとなります~。
今回のモデルは 2013年7月末に発売された Max Factory リネージュII エルフ です。
久しぶりに新製品のフィギュアなので、タイムリーなレビューかと思いますが・・・(^^;

Max Factory リネージュII エルフ

それではいつものように箱写からどうぞ。

Max Factory リネージュII エルフ
箱1

Max Factory リネージュII エルフ
箱2

Max Factory リネージュII エルフ
ブリスター表

Max Factory リネージュII エルフ
ブリスター裏

Max Factory リネージュII エルフ
4方向から~。

Max Factory リネージュII エルフ

Max Factory リネージュII エルフ

Max Factory リネージュII エルフ

Max Factory リネージュII エルフ
ぐるり~っと。

Max Factory リネージュII エルフ

Max Factory リネージュII エルフ

Max Factory リネージュII エルフ

Max Factory リネージュII エルフ

Max Factory リネージュII エルフ
顔のアップです。
この顔の造形で好き嫌いが分かれてるみたいですが、自分はまあ許せる顔なので満足しています。
デコマスからの劣化も最小限に抑えられてると思うんですけどねぇ・・・。

Max Factory リネージュII エルフ
マクロレンズを使っての顔の接写ですw
使用レンズはCanon EF-S60mm F2.8マクロ USM です。

Max Factory リネージュII エルフ
少し横顔のアップも~。

Max Factory リネージュII エルフ

Max Factory リネージュII エルフ
手と腕の造形です。塗りも非常に綺麗な部類に入ると思います。
指先の埃が写っちゃってますね・・・(^^;

Max Factory リネージュII エルフ
別角度でもう1枚。
埃は気付いて払いましたw

Max Factory リネージュII エルフ
こちらは手の部分のみをアップで。

Max Factory リネージュII エルフ
さてバスト部分ですが、手が前で合わさってるポーズなのであまり目立つ方ではありません。
強調するために少し横から撮ってみました。
一応ムニュっと潰されている感じは出ているかと。

Max Factory リネージュII エルフ
バスト部分の装飾も綺麗な塗りで細かいです。

Max Factory リネージュII エルフ
バストから腹部にかけて。
こういう部分画像ってよりエロいですよね・・・w

Max Factory リネージュII エルフ
絶対領域部分を・・・w

Max Factory リネージュII エルフ
角度を変えて同じく絶対領域部分・・・w

Max Factory リネージュII エルフ
剣の造形も抜かりなし。
シャープにまっすぐにデキていました。
この手の細い剣ってPVCのものだと少し湾曲してたりするんですけど、これは問題ないですね~。

Max Factory リネージュII エルフ
そのままだとマントで隠れてしまうので、マントを外してお尻を撮ってみました。

Max Factory リネージュII エルフ
横からだと丸みがわかりやすいですね。
タイトスカートってエロいですよね・・・。

Max Factory リネージュII エルフ

Max Factory リネージュII エルフ
ブーツ部分の造形です。

Max Factory リネージュII エルフ
台座はこんな感じでロゴが入っています。

Max Factory リネージュII エルフ
シャイニングウィザード@沢近 氏の造形でいつも賑わせているパンツです。
今回も初音ミクや刀子と同様にやってくれました。
紐パンです。というか前の部分、最低限のところしか隠してませんw

Max Factory リネージュII エルフ
お尻側のパンチラもパシャリ。

Max Factory リネージュII エルフ
で、腰の部分で分割できるんですが、スカートと腰のアーマーを外すとこのように隙間ができちゃいます。

Max Factory リネージュII エルフ
脱がしてお尻を撮ってもこんな感じ。分割部分が目立ちます。

Max Factory リネージュII エルフ
分割部分をフレームアウトさせて撮ってみると、これはアリかもしれませんwww
Tバックというかもう紐パンですよね。これって・・・。

Max Factory リネージュII エルフ
で、腰のアーマーのみを付けるとこんな感じになります。
分割部分が見えなくなります。

Max Factory リネージュII エルフ
キャストオフで飾る場合は、このように腰アーマーのみを装着させるか・・・

Max Factory リネージュII エルフ

Max Factory リネージュII エルフ
アーマーを外してスカートのみでもおかしくはありません。

Max Factory リネージュII エルフ
まあちょっとスカートの上端が違和感あるかもしれませんが・・・。

Max Factory リネージュII エルフ
では、最後に他のフィギュアとの大きさ比較です。
オーキッドシードから出ている同じリネ2のエルフはこれぐらいのサイズになりますね。

Max Factory リネージュII エルフ
メイドセイバーとのサイズ比はこれぐらいで。

以上、Max Factory リネージュII エルフ でしたー。

半リアル系の目の細いフィギュアって顔の造形が難しいですよね。
目の大きなアニメ顔のキャラよりはかなりシビアだと思います。
0.5ミリでも目のタンポ印刷の位置が変わったら、別人の顔になっちゃうけど、アニメ系の大きな目のフィギュアだとそれでも許容範囲になったりするので、より精巧さが求められるのでしょう。

個人的には今回のエルフに関しては、そこまで顔の造形がデコマスよりは劣化したようには見えないんですが、まあ、元々のデコマスの顔からして求めている綺麗な顔の方向性が違うような気はしてたんですが・・・。
それでも十分好きなフィギュアですけどね~。

色の塗りや身体の造形は最高レベルなので、気に入った方は買ってもいいかと思います。
今後発売予定のダークエルフとカマエルも期待大ですね。
個人的総評は★★★★星4.5としておきます。(顔の造形が好きなら星5でもOK)

一つ注意点としては、マントの装着が結構大変です。
軽く挿すだけだとスポスポ抜けるので少し強めに押し込まないと完全にダボに入らないんですが、その際に耳や指などの細い部分を折らないように注意しましょう~。

スポンサーサイト

テーマ: 美少女フィギュア | ジャンル: 趣味・実用

コトブキヤ シャイニング・ブレイド ミスティ(ミストラル・ネレイス) | Home | Daishi Dance と One ok Rock

コメント

撮影中に埃に気付くとは、尊敬します!(割とマジでw)
いつも現像中に気付くんですよね・・・。
実はマックスのフィギュアって、イグニスくらいしか持っていないのですが、
かなりクオリティは高そうですね。
顔については、確かに賛否ありそう。
もうちょっと、唇の色が薄かったら好みなんだけどなぁ。
それにしてもこのパンツ、パンツとしての機能を果たしているのでしょうか?w

2013/08/04 (Sun) 18:11 | plum #lwrMi3J. | URL | 編集
>plumさん

私も気付かない事多いですよ~。
だから、今回の撮影でも顔の唇右端上の塗装剥げというか接着剤みたいなゴミが残ったまま撮影された画像や腕や手の他の場所の埃が写ってたりします・・・。
気付くのはマクロレンズでアップで寄っている時に、ああ・・・ここにゴミ(埃)が・・・となるんですが、気付く前に撮った分については、もう撮り直すの面倒なのでそのままGO!です・・・・w

マックスはレベル高いですよ~。
連合といわれているグッスマ、アルター、マックスは大体どれもクオリティは一級品のフィギュアを出します。
たまにハズレを出しますけど、その辺はアルターも同じですし・・・。
所有フィギュアでは、初音ミク Tony ver、巡音ルカ Tony ver、刀子、イグニス、初音ミク VN02 mix、デドアラ霞 青C1ver、白C2ver、黒C2ver、キャサリン、サムス・アラン ゼロスーツver、ぐらいかな~。
(figmaは30個以上あるので省きますw)
まあ、中の人じゃないんで、グッスマ名義とマックス名義のフィギュアの差が分かってませんがw

それとパンツは多分シャイニングウィザード@沢近氏のお遊びでしょうね・・・・。
買うまで情報がわかんないんですが、毎回スカートのフィギュアでは何かやらかしてる気がします。
初音ミクTYPE2020 のパンツ撮影は任せましたよっ!w

2013/08/04 (Sun) 20:30 | うぃん #- | URL | 編集

これは僕は見送りましたがなかなかのクオリティですね。

それにしても、かなり写真のテイストが変わりましたね。
やはり先日のアレからですか?

2013/08/04 (Sun) 22:04 | Garm #- | URL | 編集
>Garmさん

顔の造形さえ気に入ればなかなかのデキだと思いますよ~。

で、写真のテイストに関してですが、そうです。アレからですw
plumさんの一言に考えさせられ、カメラによっても写り方が違ってくると考えると補正も同じことだよな~という結論に達したんです。
この結論は最後に書かせてもらいましたけどね・・・(^^;
自分が今までカメラが吐き出す生データに拘りすぎてた部分があったと思います。
あのままだといつまで経っても今回のシャープ感は出せなかったと思います。
そう考えるとアレのおかげで勉強させられたと思っています。
まあ仕事ではなくてあくまで趣味でやってる部分ですので、あとは自分で満足する写真をアップできれば良いか~と思っています。
ご意見ありがとうございました。

2013/08/04 (Sun) 22:44 | うぃん #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する