うぃんのWEBLOG

フィギュアの購入記や製品版フィギュアのレビュー
PC、ゲーム、雑記等、オタク寄りな主の戯言BLOGです

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

09
2016  00:10:43

安価なスピードライトを買ってみた

こんばんは。うぃんです。
本日の更新はついつい買ってみた2つの商品を紹介したいと思います。

まず一つ目はこれ。


Neewer® NW-561

タイトル通りのスピードライトです。
うぃんは、昨年、Canon純正の「320EX」というガイドナンバーが24/32切替式のスピードライトを購入したのですが、もう1台買って多灯フラッシュ環境で撮影してみたいという衝動に駆られまして、ポチったのが今回のNW-561という機種になります。
うぃんに使いこなすだけの撮影テクニックがあるわけないのですがw、まあ、興味があったのと遊びを兼ねてといったところでポチる事にしました・・・(^^;

で、新たにもう1灯購入するとなると、どの機種にするか・・・で悩むんですよね。
Canon純正のスピードライトは、確かに純正品ゆえに所有する満足度は高いのですが、これがまた高いんですよ(^^;
確かに320EXは使いやすくてなかなか良い機種ですよ。
こいつ自身にシャッターボタンがあるおかげで、自分が320EXを手で持って好きな位置に移動しながら、そこでシャッターボタンを押して、離れた場所にあるカメラがちゃんとシャッターを切ってくれるんだからね。
そういった純正品ならではの安定感と使いやすさがあります。
しかし2灯目となると、多灯フラッシュをちゃんと使いきれるかどうか、うぃんの腕だと不安だったりするので、あんまり高い機種は手を出しにくい。
となると、安価なスピードライトに目が行くわけです…(^^;
まあ、これならいつか使わなくなったとしても対して痛くないかな・・・とw

Amazonで検索してみると、フラッシュ・ストロボ カテゴリの中で、ベストセラー1位を記録しているTT560という安い機種があったんですが、数百円の違いで背面液晶が付いてて、ディフューザーがオマケで付いてて、なんとなくカッコイイ NW-561 の方が魅力的に思えてそちらをポチる事にしました。



中身はこんな感じです。
ディフューザーと固定する時の台座。スピードライト本体。説明書と布で出来たケースです。
まあ、4300円ほどの製品なのでケースは320EXほど立派ではありませんが、それでもコスパは高いと思います。
ちなみに説明書の中身は中国語表記と英語表記のみでしたw



液晶を光らせてみました。
液晶のにじみみたいなのが浮き出てますが、肉眼ではほとんど見えません。
左下のフラッシュボタンもブルーに光って、なかなかカッコイイですw



Canon の 320EX と比較してみると、結構大きいのがわかります。



というわけで、取り出しやすかった桜井あおいのフィギュアで試し撮りをしてみましたw
ちゃんとシンクロするかの撮影テストなんで公開する画像でもないんですが・・・(汗)
これで一応、Kissx5のポップアップのフラッシュと外部2灯で合計3つのフラッシュが光っての撮影でした。

まあ、まとも?な撮影は次回レビュー時にでもやってみたいと思います・・・(^^;




で、もう一つの購入商品は・・・・これですw



北米版 聖痕のクェイサー:シーズン1-2+OVA コンプリート・シリーズ・コレクション Bru-rayディスク


いわゆる18禁ではないおっぱいアニメですw
このアニメ。地上波ではよくある透過光処理によって肝心の部分が消されたり、止めのカットを長時間使用して従来あるモロ出しシーンをカットして放送されていたわけですが、作画されてるならそんなの全部見たいじゃ~んってなわけで、Bru-ray版なわけです。

しかし、国内版は高いんだよ。いくら画質が少し良かろうが、入ってる話数が少なすぎなんだよね。
1枚につき4話入りで、シーズン1だけで4枚買わなければ全話揃わない。
北米版だとシーズン1とシーズン2とOVAが全部入って、DISC3枚組のワンプライス。
多少、画質が落ちたとしても、全然普通に見れる画質ですよ。
うぃんの個人的意見としては絶対に北米版の方がコスパが良くて満足度が高いと思う。

なんでアニメを製作してる国のBru-rayが海外より高く買わなければならないのか、今の現状をなんとか改善してほしいです。
PCゲームにもある「おま国」仕様のアニメバージョンという雰囲気がしてて、日本国内だけなんでもかんでも高すぎだろ~と不満が爆発しそうです。

まあPCゲームの場合は製作が海外だから、まだわからなくもないけど、国産アニメなのに日本国で買うのが一番高いってどういう事なのよ・・・と。
北米版の聖痕のクェイサーのように、1シーズン全部入りで数千円ぐらいにした方が、もっと売れるんじゃないの?




最後にこの北米版の再生にあたっての注意事項を少し…。

PCで見れるかと思いきや、リュージョンコード以外に最近増えだしたらしい第二のプロテクトとして国設定があるらしく、同じリュージョンAの日本と北米であっても、再生できないBru-rayが増えてきているようです。
この聖痕のクェイサーも、そのままだと再生できませんでした。
PCだと色々やれば見れるのかもしれないけど、面倒なのでもういいです。

うぃんの自宅だとリビングのBDレコーダーでも再生は無理だったのですが、唯一、PS3で再生可能でした。
Amazonのレビューを確認するとPS4でも再生できるようなので、北米版のアニメはPS3やPS4で見るのが一番確実で楽かもしれませんね。

それでは、またです~。


   

スポンサーサイト

 購入品/購入予定品

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。