最近のフィギュア(PVC完成品)について雑感等

こんばんは。うぃんです。
最近あまりレビューできてないですね。いつも見に来てくれてる方がいましたら、ごめんなさい。
レビュー用の被写体であるフィギュアその物については、未レビューのフィギュアが積みに積みまくっている状態で、それに追加で毎月沢山届いているんですけどね。
でも家庭を持っている身分としては、フィギュア撮影だけで休日を過ごすわけにも行かず、難しいところではあります。
なんとか少しでもレビューしなくちゃ・・・なんて思ってはいるんですけどねー(^^;

そういえば、今日、ツイッターで興味深いツイートが流れていました。
詳しくはこちらのダイキ工業さんのブログでの発表をご覧下さい。

「お客様へ大切なお知らせです。」
http://blog.livedoor.jp/daikikougyou/archives/41380563.html

簡単に書くとWEB通販最大手となったAmazon.co.jpが、予約分で5個しか仕入れしないよ。という事らしいです。
つまりたった5人の予約で毎回締め切っちゃうという事ですね。
いまや泣く子も黙らせる勢いのあるWEB通販最大手に君臨したAmazonがたったの5個とか、もう「あんたのところの商品は取り扱いしませんよ」と言っているのと同じようなものでしょう。

Amazonのページビュー数から考えると5個なんて予約可になった段階で、一瞬で予約終了するレベルになるのではないでしょうか。

ここでちょっと気になったのがその5個の予約分の販売価格です。

Amazonの場合は「予約商品の価格保証」という事をやっていて、商品の販売価格が自動的(プログラム的)に市場の動向(多分、推測するにその商品のページビュー数やカートや欲しいものリストに入られた総数、実際の受注総数等の状況)によって微妙に上下するんですが、予約を入れた後に更に安くなった場合は、その後商品発売日に予約時より高くなっていても最安値を保証するというシステムです。

この予約価格保証制度のためか、最近のフィギュア商品に関してはAmazonは予約開始時にほぼ定価スタートで、その後、徐々に下がっていくパターンになっています。
しかし今後ダイキ製フィギュアは5個しか取り扱わないとなると、定価スタートとなった場合は、価格が下がるタイミングが全く無い事になってしまいます。
そうなると5個の予約でも案外瞬殺しない可能性も出てきますがw、この場合でも定価スタートさせるのかどうなるのか今後の動向を見守るしかありません。

まあ、普通に予約は無理と考えるのが妥当でしょうけどね・・・w

余談ですが、実はこの制度は絶対ではなくて、うぃんも実際にあったのですが、最低価格にならずに発売後にカスタマーに連絡をして自己申告で差額を返金してもらった事があります。

経緯としては予約時の価格が5000円だったのにその後4700円ぐらいまで値下がりして、発売日に5200円ぐらいまで値上がりしたのですが、実際のクレカの引き落とし請求が5000円だった事があったので、予約保証制度でこの差額300円を返金してもらった事がありました。
(上記の価格は適当につけましたが、こんな感じだったという事です)
申告しないと過剰請求される事になってしまうので、この予約価格保証も絶対ではないようです。
うぃんは気付いたから良かったんですが、Amazonをよく利用されている方がいたら気を付けてみてください。

(その後は予約したフィギュアの価格もチェックする癖がついてしまい、最安値を更新した時は証拠のSSを撮ったりしてました(^^;)


話がかなり脱線しちゃいましたが、何故Amazonがこのような方向に動いたのかを推察するに、最近のAmazonのフィギュア投売り傾向で何となく気付きますが、利益がほとんど取れなくなってしまったためと考えても良いのではないでしょうか。

というのもフィギュアは他の商品と違ってちょっと特殊な商品だという事ですね。

1 円安+生産国中国での物価(賃金)上昇によるコンボで、フィギュアの定価が右肩上がりになってしまい、実売でほぼ1~2万円弱するという高額商品になってしまった事。

2 予約をせずに一度買い逃すとなかなか買い難い商品である事。

3 ゲームやアニメのDVD等と違って、高額商品の割りに、発売後に一瞬で出来の良し悪しが判断されてしまう結果、購入される前にキャンセルされやすい事。(商品的価値の下落=販売価格の暴落)

4 発売後に売れ残ると、長期間在庫として残りやすい商品である事。(不良在庫化)

5 在庫として倉庫に保管する場合の占有スペースが大きい事。


フィギュア商品特有の問題を考えると、上記の5個の問題点が考えられますが、その中で購入者側のデメリットは1~3で販売店側のデメリットが3~5になると思うのです。
更に各フィギュアメーカーの発売種類の多さや、高額商品故に新規顧客の開拓の難しさ等、様々な要因が絡み合ってきます。

前々からうぃんも今のフィギュアの現状はちょっとどうなの・・・と疑問視していた部分もありました。
定価近くで買ったフィギュアが1ヶ月で50%OFF近くになったというのがザラにあったし、予約をし損ねて手に入れられなくなってしまったフィギュア等もありました。
フィギュアは一期一会だという話も目にしますが予約しないと手に入れられない不安もあるのですが、発売後の出来の悪さや価格の暴落具合に落胆したりと、折角予約をして買ったのにも関わらず全く満足感が得られない泥人形を掴まされてしまった敗北感的な感情も味合わされた事もありました(^^;

これが2~3千円程度のものならいざ知らず、数千円~1万円近くで味合わされてしまうのもたまったもんじゃありません。

こういった怖さがあるからこそ、いつでもキャンセルできるAmazonでとりあえず予約をしておき、ギリギリまで購入するかを検討したい・・・という行動に出てしまうのですよね。
まあ結果的にキャンセルした場合は、Amazonでの不良在庫化に繋がりやすくなってしまうので、投売りに加担してしまう事にもなるのですが・・・(^^;;;
でも逆にその投売りを期待して、この価格なら買っても良いと思うフィギュアも多々あったりするので、待ち続けて購入する場合もあったりします(うぃんもたまにやりますが・・・(^^;)


こういった様々な問題点を解消するには、やはりHJが行っているような完全受注生産システムが一番理に適っているのかな~と思いますが、どうでしょうかね。
そう簡単に投売りされる事がなくて、予約した人全員が必ず買える予約期間を設ける。
さらに、発売後に人気が出て、買えなかった人の要望がある一定以上になった場合は再販するシステムを作ると満足度が高いシステムになるんじゃないでしょうか。

でも、全てのフィギュアがそうなると実店舗のホビーショップは死活問題になるのでしょうか・・・・?(^^;
そこまでフィギュアにだけ依存しているショップもあまりないかと思いますが・・・・どうなんですかね。

ああ、それとメーカーの更なる完成度のアップを求めたいです。
最近もフィギュアとはちょっと違うようですが、スクエニから「1/1 ロトの剣」というとんでもない代物が発売されて話題になってますね(^^;
飾って楽しむホビー系の商品はとにかく完成度を上げてほしいです。
デコマスと同じぐらいの精度でないと、いい加減にユーザーからメーカーに対して三行半を突きつけてしまいたくなりますからね。
安くない商品なんだから、そこは最大限の力を入れて欲しいところです。


そういえば、以前はアルターやWAVEのビーチクイーン等もAmazonで買えたと思うのですが、今はほとんど予約できません。
噂?では100個ほどで予約終了しているそうですが、今回のダイキ工業と同じパターンでしょうか。
まあ、今後はダイキ製品とアルター製品は他の通販サイトで予約して買うしかないようです。
というか投売りを連発されてしまったフィギュアメーカーは、今後ダイキ工業と同じ道をたどる可能性が十分あるでしょう。
そのうちAmazonでは特定メーカー以外のフィギュアは、全てマーケットプレイス品だけしか売り出されなくなるかもしれませんね・・・・(^^;

まあでも、その分、投売りされる確率も減るので商品的価値は保たれる事になるのかなぁ・・・・?
どちらがユーザーに取って喜ばしい事なのか難しいところです。

と、ここまで読まれた方は、うぃんの駄文にお付き合い下さりありがとうございましたw
特に完結する事も無く、思いついた事を書き留めただけのエントリーとなりました。


ああ、そうそう。そんな騒動の中で気になっていた、ダイキ工業の「とろとろおとめ れいな」を予約完了しましたよ。v(。・ω・。)
そろそろ予約リストも更新しないとね・・・。

スポンサーサイト

テーマ: 美少女フィギュア | ジャンル: 趣味・実用

2014年10月購入フィギュアその2 | Home | 2014年9月~10月購入フィギュア その1

コメント

フィギュアの予約を以前は網メインにしていたのですが、価格的に尼の方が安いことが多かったので、先月予約分までは尼メインに変えていました。
しかし、先日Twitterでもつぶやいたアルターの件や、今回のダイキ工業の件を受けて、再び網メインに戻しています。

尼も利点はあるのですが、やはり最終的には餅は餅屋である網が安定になっていくのかもしれませんね。

値引率高めで実質送料無料となるの駿河屋を利用している人も多いようですが、やはりメーカーによっては商品登録が遅く、ダイキHPで記載があった「東雲美緒 日焼けver」はいまだに未登録のようですね。
以前から駿河屋は酷評がちらほら出ているのも気になりますし。

やはり送料が掛かっても網が鉄板ですかねぇ。

2014/10/17 (Fri) 21:22 | KDD #- | URL | 編集
>KDDさん


いつもコメントありがとうございます~。

確かに網は鉄板ですねぇ。自分も新着フィギュアのチェックはほぼここで行っています。
登録が早いのとほとんどのフィギュアメーカーのフィギュアをしっかりと仕入れてくれている点が安定していると言えるでしょう。
送料500円という足枷がありますが、月まとめで送ってくれるので複数のフィギュアを買うのには向いているショップだと思います。

でも網が安定度が高い分、人気のフィギュアではSOLD OUTになるのも早いのが欠点ですね。
(楽網やヤフ網と登録数を変えているようなので、本店でSOLD OUTでも他で予約可能だったりするのですが・・・)
個人的に網以外にたまに利用するサブショップを2~3個見つけていますが、網メインが安定度No.1といったところでしょうか。

自分も駿河屋では中古品をいくつか買った事がありますが、新作の登録が遅いのでなんとなく避けていますw
新作の登録を早めてくれたり、画像別や分類別にもっと見やすいサイトだったら頻繁に利用してもいいかな~とは思いますが、今のなんていうかテキスト中心のサイト構成が見づらくて・・・ね(^^;

2014/10/17 (Fri) 22:23 | うぃん #- | URL | 編集

はじめまして、木曽秀平と申します。
Twitterフォローから巡り巡ってお邪魔させていただきました。
レビュー写真、勉強させていただきます。


僭越ながら、最近思うところのあった話題でしたので。

Amazonを起点にした過剰な値引き合戦は、メーカー利益への反動や
消費者の「そのうち値引きされるだろう」という買い控えを誘発しそうで。

そういう意味で、尼側の在庫数が適正レベルへ下がることは、将来的には
良いことなんじゃないかと思うのですが、今回のダイキへの措置はあまりに
極端ですね。 ダイキの担当者さんすごいキレてるし。
尼ももう少しバランス取って対応できないものでしょうかね、と。

ちなみに私は数年来網子一択。 バンダイの新作予約開始日は地獄です(^^

2014/10/17 (Fri) 22:45 | 木曽秀平 #cxq3sgh. | URL | 編集
>木曽秀平さん


コメントありがとうございます。
またツイッターでのフォローとBLOGでのお返事等、ありがとうございました。

尼の仕打ちはちょっと酷かったですよね。
5個というのは怒って良いレベルかと思います・・・(^^;
その辺、なんだかんだ言っても外資系の会社ですしNOはNOと言い切る会社なんでしょうね・・・と。

自分が尼を初めて使ったのが、2003年の1月。もう11年以上前になります。
X箱の「DEAD OR ALIVE Xtreme Beach Volleyball」を予約するために使ったのが最初になるのですが、当時はアマゾンという怪しげなサイト名に予約するのを躊躇し、アマゾンと言えば仮面ライダーでいるよなぐらいの感覚で、思い切って利用を始めたのが最初でありました。
懐かしいですね。
今や高齢者以外、知らない人はいないんじゃないか思えるサイトになってしまいました。
買ったもの全ての履歴が見られるし、クリックした関連商品が並んだりして、非常に使い勝手がよくて、
考えられて造られたサイトだな~と思っていたりもします。

網に関してはバンダイ新作予約開始日はもう重いのなんの、ほとんど完敗してますね。自分は・・・w
開始時間が平日4時とか6時が多くて社会人は無理だろ的な設定も変えてほしいところですが、唯一成功したのはD-Arts アリサ・イリーニチナ・アミエーラぐらいじゃないでしょうか。
(まああの時は瞬殺では無かったですしね。1時間ぐらい猶予があったかな? コンビニの駐車場でケータイ片手に成功したっていう・・・)
APG大和なんか結局他サイトで定価予約ですし、困ったものです。

それでは、ツイッターを含めて今後ともよろしくお願い致します。

それと・・・・
レビュー写真に関してですが、自分の写真は全く安定しておらず初心者が背伸びをしてなんとか見れる?程度になったぐらいの画像ばかりですので、勉強は豊富な知識と撮影テクニックを持つサイトで見たほうがよろしいかと思います(^^;;;

2014/10/17 (Fri) 23:11 | うぃん #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する