うぃんのWEBLOG

フィギュアの購入記や製品版フィギュアのレビュー
PC、ゲーム、雑記等、オタク寄りな主の戯言BLOGです

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

23
2014  03:32:50

2014年8月購入フィギュア

深夜のブログ更新です。
明日(今日)は仕事が休みなので、問題ない・・・w ってなワケで軽く更新しときます。

8月分の購入フィギュアです。

今月はうぃんが予約していて発売予定になっているフィギュアの数自体が少なかったのですが、そこから発売延期になったものもあって、届いたフィギュアの数は更に少なくなってしまいました。
まあ、全然レビューすらできてないのでいいんですけどね・・・・w

届いたものはこちらになります。

02494.jpg

マウスユニット 我が家のリリアナさん Creator’s Choice Color. Ver

これのフィギュアの予約は結構ギリギリまで迷いました。
というのもやはり価格がかなり高いからです。
単純に価格だけで考えると別に手が届かない額ではないんですが、欲しいと思う気持ちとそれに支払う対価のバランスですよね。
リリアナさんに対する、うぃん個人的な物欲指数としてはこんな感じでした。

アネットさん発売後、グレーサフの原形公開時 > うぉーこれは絶対買いだ!
デコマス公開時 > なかなかいいねー。買いたいけど価格が心配・・・。
予約開始時 > 1万7千円かー。価格以前に前より欲しくなくなったんだけど・・・。
発売延期を繰り返す > ポチるの迷うなぁ。この際、もう買わなくてもいいかな?(^^;
通販先あちこちで予約終了に > でもアネットさんを持ってるから揃えたいな・・・。
7月に入ってから尼で在庫復活 > どうしよう・・・やっぱりポチっておくか・・・ポチ。

でした・・・・w

一時はアネットさんも売りに出してリリアナさんも買うのやめようとかなり思ったんですけどね。
結論として、やはり尻フェチの自分にはスルーは難しかったということで。

実は顔自体は通常版のキリっと睨んだ顔の方が好みでした。
ですが、ストッキングの色がなんかいまいちで、Creator’s Choice Color の白ストッキングの透け塗装の方が魅力的に見えて、アネットさんの通常版(白ベース下着)を持っている自分にとっては、並べて飾るには白い下着の方がベストだなーと感じ、こっちにしちゃいました。

でも顔はどうしても通常版の方が好みなんだよなー。
もし投げられたら通常版の方もポチるかな。。。。(^^;

そういえばデータは残してますが、アネットさんはレビュー写真を撮影しておきながら、全没にした数少ないフィギュアでした。
うちのブログでレビュー写真を撮り終えて全没にしたのは、アネットさんとアスモデウスぐらいかな?
あの頃は暗い画像が多くて、明るくする術をライトを追加する事だけに頼っていたという素人丸出しの撮影方法でした・・・。
まあ素人丸出しの画像は今でも同じなんですけどね。。。。orz

02495.jpg

らしんばん 戦闘少女SPICA(スピカ)さん 静寂のアクリル仕様(ブルー)

これはあみあみで未開封中古を見かけて、さくっとポチったフィギュアでした。
いわゆる衝動買いです。
原作(あるのかな?)もキャラの事も何にも知りません。
なんとなく価格がお手ごろだったのと、顔が好みに見えたので、ポチりました。

しかし、昔のフィギュアは大きくて存在感ありますね。
今のフィギュアはコストダウンのために小さくなってきて、それでも価格が異常になりつつありますから・・・・(汗)

02496.jpg

他に、うちの撮影環境が変わったので、新しく三脚を購入しました。
今までチェストの上での撮影だと通常サイズの「SLIK F740」で良かったんですが、新居に引越し後、折りたたみ座卓を買ったので、F740では最低高が高すぎて、フィギュアの水平位置にすら構えられなくなったので、ミニ三脚を購入する事になりました。

色々物色した結果、「Velbon EX-Macro」を購入してみました。

使い勝手は・・・・。
実はF740の方が良い感じです。
慣れもあるのかもしれませんが安定感はF740が上です。大きいからドッシリ感も当然F740の方があってしかるべきなのですが、クイックシューの装着すらもF740の方が楽です。
結構、細かいところなんですが、F740のクイックシューは指だけで締め付けられるように、下記の画像のようにネジ部に取っ手があるのです。(雲台設置時は折れ曲がって収納できる構造になっています)

02497.jpg

ところがEX-Macroの方はコインで締め付けるための水平の溝があるだけで、これを指の力だけで締め付けると、カメラを縦方向に倒した時(縦画像を撮影時)に、カメラがお辞儀をして下を向いてしまうのです・・・(^^;

02499.jpg

こういった事はF740を使用時には1回もありませんでした。
相当数の撮影に使ったにも関わらずです。
クイックシュー自体の大きさがEX-Macroの方が小さいので、面積が小さい分、余計に締め付けないとお辞儀しやすいかもしれません。

02498.jpg

クイックシューの面積はこれだけ違います。↑F740 ↓EX-Macro

02500.jpg

まあ、どちらも2~3千円で購入できる安価な三脚で同じような構造のため、使い勝手は対して変わらないだろうと思っていましたが、やはり千差万別あるんだな~と実感しました。

他のレビューサイトでは1万円以上の高級な三脚を使用されている方も多いと思いますが、うちはフィギュアにお金をかける分、撮影機材は使えりゃいい・・・・思考で安物を多用してます・・・(^^;
でも折角買ったのだから当分はこれで行きますけどね。
それでは、またで~す。


スポンサーサイト

 購入品/購入予定品

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。