うぃんのWEBLOG

フィギュアの購入記や製品版フィギュアのレビュー
PC、ゲーム、雑記等、オタク寄りな主の戯言BLOGです

10
2014  00:28:15

シエル・アランソンをポチった~&ロゴ作りました

という事で、シエル・アランソンをポチりました。
今日、尼で価格を見たら網より安かったのです。
微妙な金額ですが1円でも安いに越した事はないです。
そもそも尼が送料無料なら、尼より高い網でポチる利点が全くありません。

少し前までは、例えば網が1万円+500円の送料となる場合、尼は10300円で送料無料というのが多かったのですが、最近は9800円で送料無料というバランスになりつつあります。
(1万円という販売価格を仮定とした場合の比較の話です・・・)
全部が全部そうではないのかもしれませんが、送料無料で網より本体価格も安くて発売後すぐに送ってくるなら、網の利点が無くなるんですよね・・・。

今までは、月末まとめ発送として送料を分散させて1体分の送料をケチっていたのですが、この価格設定を尼が続けるなら、網で予約するフィギュアは特定メーカーのものだけになりそうな感じです。




さて、前にうちのブログ写真をオクの画像として利用されていた事を「こちらの記事」で書いたと思うのですが、他のフィギュアレビューサイトの画像にはロゴが入っているので、うちもそういった二次利用を避けるためにロゴをテスト的に入れてみる事にしました。

という事でケース内にあったこちらのフィギュアで撮影練習も兼ねてアップしてみます。

門を開く者アリス ブーストVer.デザイナーズカラー

被写体はホビージャパン クイーンズゲイト 門を開く者 アリス ブーストVer. デザイナーズカラーになります。


今回もテストを兼ねてちゃちゃっと撮影したので、8枚撮影して7枚の掲載ですw
このフィギュア、出来は良いと思うんですが、相場は結構安いんですよね。

門を開く者アリス ブーストVer.デザイナーズカラー

うぃんの好きなタイプのキャラです(^^)

門を開く者アリス ブーストVer.デザイナーズカラー

フィギュアを集め始めた頃に、気に入ってオリジナルカラー版を入手したのですが、こちらのデザイナーズカラー版はHJの蔵出しで安く買えたので思わずポチってしまいました。
もう1種類色違いのピンクベースのカラバリもあるのですが、さすがにもういらないと思ったので手元には2種類のカラバリ分のみ所有しています。

門を開く者アリス ブーストVer.デザイナーズカラー

制作はアルターが担当してたように思うので、出来はかなり良いです。

門を開く者アリス ブーストVer.デザイナーズカラー

お尻の形が素晴らしいですねw

門を開く者アリス ブーストVer.デザイナーズカラー

踏みつけられているコウモリ?的な何かです・・・w
(原作知らないのでわかりません)

門を開く者アリス ブーストVer.デザイナーズカラー

という事で、この辺で撮影練習は終了です。
ロゴもまあこんな感じでいいかな?(^^;

しかし、そろそろ何かまともにレビューしないとね・・・・。


スポンサーサイト

 撮影練習

2 Comments

KDD  

自分も最近、網と尼の価格の違いが気になって軽く調べました。

確かに以前は販売価格としては網の方が若干安いのですが、送料分がネックになるイメージでした。
月でまとめて送料分を安く見せかけることは可能ですが…。

最近尼から届いたフィギュアの価格を網と比べると、尼の方が若干安いことが多かったです。
予約時点では尼の方が高くても「予約商品の価格保証」で最終的に網の価格より下回ることが多いようです。

こうなると網の方は「月でまとめれば送料無料」くらいやらないと、客が尼に持っていかれてしまいそうですね。
送料無料はかなり難しい話でしょうが…。

ですので、新作のラウラ バニーver(フリーイング)は尼で予約しました。
高額フィギュアということもあり、今後本当に網に近い割引率になるかかなり不安ではありますが…。

2014/06/13 (Fri) 01:50 | EDIT | REPLY |   
うぃん / D7">

うぃん / D7  

うぃん / D7">

>KDDさん

最近、少し前に比べて予約売り切れのフィギュアが少なくなってきたような気がします。
以前は予約開始されてすぐに予約しないと買えない物もあったりしましたが、最近はその傾向が少ないような気がしますね。
自分の興味のあるフィギュアだけですが、ここ最近で予約即終了はコトブキヤのオリヴィエだけだったように思います。

原因としてはやはり販売価格高騰がネックになっていると思うのですが、それ以外にもフィギュアを発売しているメーカーの数が増え、さらに各社でフィギュアを発売する種類が増えて、1ヶ月辺りに相当数のフィギュアが発売されているにも関わらず、それを支持している購入ユーザー数が限られているのが原因だと思います。

某漫画家さんやKDDさんのように単価が高いフィギュアをずっと買い続けている購入ユーザーはごく少数でしょう。
ほとんどの人が ①フィギュアに興味を持ち > ②実際に購入 > ③一定数を購入後にフィギュア収集を中止 という図式があります。
置き場所として自宅に飾れる数(保管できる数)には物理的限界があるのが一番の原因だと思いますが、最近の値上がり傾向(新作1体1万円オーバー)もこの趣味を卒業しやすい要因にもなっていると思います。

となると、新しく集め始めた人もいれば、収集を止めて卒業していく人もいるので、実際にフィギュアを購入をしている②番の人口数って、いつも一定のような気がします。
近年のフィギュアは完成度が上がってきたので、②番の絶対数も数年前より増えたのかもしれませんが、そんなに右肩上がりに増えたとは思えないんですよね。もし右肩上がりで増えていたとしても、何れはこの②番の人達も③番になる時期が確実にやってくるので、増えた分、一気に下がる可能性が強いです。

うぃんとしても、現状のこの業界も少し飽和し始めているのでは?という感じで捉えている部分もあります。
コレクターアイテムとしては物理的にも集めにくい趣味でもあるし価格高騰の波もあって、中古品の流通量も増えていると考えると、高価な新作フィギュアを毎回無理して予約買いする必要があるのか?といった疑問にも繋がってきています。

誰かがどこかで書いていましたが、中古買いや新作をすぐに手に入れなくても良いという考えでいいなら、欲しいフィギュアのほとんど全てを発売後に買っても、その方が安上がりみたいですね。
ようは微プレやプレミアになるフィギュアの方が少なくて、安くなるフィギュアの方が多いと考えると、新作予約買いをせずに発売後に買い時を狙った方が年間の出費は少ないように思います。

最近の尼の投売りフィギュアの数も非常に多いですし、フィギュア業界に取っても中古や投げ待ちで買われると維持していくのが厳しいのでしょうけど、今の販売価格ではそれを選択せざる得ない状況になっているように思っています。

尼と網の価格差についてですが、やはりそのような結果になっているみたいですね。
尼の新作登録時は価格がほぼ定価ですが、そのうち下がるのでそんなに不安に考えなくてもいい思いますよ。
最悪、ずっと価格が変わらなければ、価格を理由に「キャンセルできる」利点も尼にはありますしね。

2014/06/14 (Sat) 12:39 | EDIT | うぃん / D7さん">REPLY |   

Leave a comment