購入フィギュアの偏り

久しぶりの戯言エントリー。
気になったことや思いついたことなど好きに書きなぐるエントリーです。
うぃんの独断戯言なので適当にスルー推奨です・・・(^^;

今日のブログネタはツイッターで見かけた話題について考えてみます。

先日、うぃんのフォロワーさんの会話の中で、最近は昔に比べて購入フィギュアに偏りがあると言ったツイートを見かけました。
つまりツイッターの話題で上がってくるフィギュアに偏りがあるというのです。
そのツイートを見かけたとき、うぃん的にもなるほどなーと妙に納得しました。

まずフィギュアを購入する場合、購入基準の比重をどこに一番置いているかなのですが、大まかに分けて下記の3つの基準があると考えています。

1.造形が好きだから
やはりフィギュアの造形が気に入って買う場合です。
当然ですがここを一番重要視して買われる人が多いと思います。

2.メーカーが好きだから
単純にメーカーが好きというよりも、ある特定のメーカーから発売されているフィギュアを中心に購入する場合です。製品の質や安定性について一定水準以上を強く求める場合、ここを重要視して購入する事が多くなるでしょう。

3.キャラが好きだから
これはどちらかというとフィギュアコレクターが購入するというよりは、原作ファンの人が多いような気がします。キャラクターや原作が好きだから、その原作のキャラクターグッズを購入する延長線上でフィギュアを購入するという場合です。
もちろんフィギュアコレクターの中でも原作ファンで優先して買う人もいるでしょう。


これら以外にも購入基準はあると思いますし、人によってそれぞれ比重の違いがあると思いますが、大まかに考えると上記のパターンに当てはまるかと思われます。



さて、うぃん的にはこの中でどれが一番重要かを考えると、ズバリ1番かな~と思います。
特に1番の比重が高いです。数値で表すとなるとこんな感じでしょうか・・・。

造形75%>メーカー20%>原作5%

まず造形が一番重要です。好みの造形であるかどうかです。メーカーも多少は気になるので20%ぐらいは比重をおいてます。
でも原作は5%ですね。原作を知らない場合が多いのでほとんど気にしていません。
ただ0%にしなかったのは、いくつかの原作を知っていることと、シリーズ物で買い揃えるフィギュアがたまにあるからです。
基本的にはフィギュアその物の造形に惹かれるものがあればメーカーや原作は気にせずに買います。
うぃんは造形に比重をかなり置いているので、買ったフィギュアの中で塗りや仕上げがいまいちなフィギュアもあります。
でもそれでも満足したフィギュアはいくつもあります。
レビューしたものでは時崎狂三やゼオラ・シュバイツァーやホルスタイン花子さんとかそうですね。


うぃんの場合は上記の通りですが、この比重に当てはまらない人も多いと思います。
特に2番のメーカーの比重を重くしてる人でしょうか。

例えば造形50%=メーカー50%ぐらいの人とか、もしくは造形40%<メーカー60%ぐらいの人とかです。
こういった基準でフィギュアを購入する人の特徴として、ある一定水準以上の仕上げで完成されたフィギュアしか買わない人です。
メーカー別で語るなら、PVC完成品フィギュア界の雄である「アルター」や、同じぐらい完成度の高い「マックスファクトリー」「グッドスマイルカンパニー」などの連合系フィギュアを中心に購入される方々です。
最近では「アルカディア」や「スカイチューブ」等も完成度が上がってきているので、それも購入対象にされている方も当てはまるのではないでしょうか。
決して安くないフィギュアなので完成度重視で購入するのはリスクを極力避けた買い方でしょう。

フィギュアレビューをされているサイトでもこの傾向の強いサイトがあります。
そのレビューサイトを見ると、レビューしているフィギュアはほぼ特定メーカーのフィギュアで大半を締めています。

でもこういったフィギュアの買い方の人が増えると、多分、新規メーカーや二流メーカーぐらいの力しかないメーカーは、先日、自己破産申請をしたシーエムズコーポレーションみたいな結末を迎えると思うのです。
さらに先ほどのツイッターでの話題に上がった、皆が購入するフィギュアに偏りがあるという話に繋がるのかと思います。

つまり特定のメーカーのフィギュアばかり売れる>そこに入れないメーカーは淘汰されていく

まあこの結末は別にフィギュア業界だけに限らず、工業製品を作っている会社すべてに当てはまる事なので、消費者の満足できない商品を乱発してくるメーカーは淘汰される運命であるのは仕方のない事でしょう。
シーエムズは確かに造形でグッとくるものが無かったので、これはどうしようもないです。
うぃんもここのメーカーのものは1つも買った事がありませんでした。
でもシーエムズの場合は、塗装や最終的な仕上げの問題よりも、造形の選定ミスで失敗している部分も大きくあると思います。
少なくともうぃん的には欲しいと思える造形のフィギュアが皆無でした。

うぃん的にはエロティシズムに溢れたカッコイイ系や美人系のお姉さんが、ほぼドストライクになります。
これに造形的に惹かれるものがあればまずポチる事になるでしょう。
そう考えると反比例的にあまりエロくないカワイイ系や幼女っぽいフィギュアは基本的には購入対象に入りません。
そのせいで、ねんどろいどは全て食指が動きません。


結局、メーカー重視の傾向が強すぎるとその特定メーカーのフィギュアレビューはいくつも検索で見つかるのに、それ以外のメーカーのフィギュアレビューはほとんど見かけないという流れになります。
うぃんもレビューの事を考えてフィギュアを買っているわけではありませんが、もう少し多種多様なフィギュアが売れてそれに対応したレビューサイトが増えると良いのになーとは思っています。

例えば「グリフォンエンタープライズ」の「時崎狂三」のフュギュアレビューサイトってあまり見かけませんでした。
今現在、この単語だけでググればうちのブログが2位に出ます。
さらに「レビュー」の単語を追加すれば、うちのブログがトップに出ます。
それだけ他のサイトであまりレビューされなかったフィギュアになるんですよね。

確かに塗装は雑でしたが、写真を撮っていて一番楽しいフィギュアでもありました。
造形が好きだったのと、顔が好きだったからでしょうね。
うぃんが好きなタイプのフィギュアと違って、あまりエロくないカワイイ系フィギュアになるのですが、なぜかこれには惹かれました。


というわけで、当サイトよりリンクさせていただいている「フィギュアざっくりレビュー」さんはプライズ中心に幅広いフィギュアがレビューされている貴重なサイトだと思います。
ここでしか見かけないフィギュアレビューも多いのではないでしょうか。
うぃんの場合、プライズ系のフィギュアは入手の難しさがあるので、ほとんど手を出していません。
地元のUFOキャッチャーはほぼ取らせてくれないようなアーム設定ですし・・・w

今後、中国での賃金アップや円安の流れで今まで以上に厳しい業界になると思います。
フィギュアの小売価格が上がれば上がるほどに今回題材にした「偏り」がより顕著になって表面化してくるのではないでしょうか。
次のシーエムズはどこの会社になることやら・・・。

スポンサーサイト

テーマ: 美少女フィギュア | ジャンル: 趣味・実用

コトブキヤ 神撃のバハムート ダークエンジェル・オリヴィエ  | Home | 2014年3月購入フィギュア その3

コメント

さりげなく当方のブログを紹介して頂きありがとうございます。
いつもよりアクセス数が増えていたので、不思議に思っていたのですが納得しました。

自分の購入基準はたちが悪いことに見境がない感じです。
よく遠征仲間に、何で知らないキャラのフィギュア買うの?とか、ムチムチエロ系とロリ系どっちが好きなの?とか言われます。
特に中古フィギュアを購入する時に言えることなのですが、出来がそこそこでも価格がそれに見合っているのであれば購入を検討ですし、購入する前にメーカーで完成度を予想したりします。好きなキャラに対しては妥協をする場合も多々ありますが…。
そう考えると自分は本当に見境のない買い方をしています…。

KOS-MOSはボークスからドールが出ていたのは知っていたのですが、フィギュアが出ていたのは知りませんでした。勉強不足ですね。
検索をかけて画像を確認しましたが、たしかに出来は素晴らしく自分も欲しいと思いました。
しかし定価が約6万円!在庫なんて無いでしょうから、当然プレミア価格の一品ですね。これは手が出せません。

オリヴィエが数日前に当方にも届きました。
造形自体は納得の出来なのですが、多くのサイトでレビューされているように髪の色がすごく気になります。
うぃんさんの写真を見てもやはり同様の塗装ですね。
見本とのギャップがあってのことか、土曜日に茨城県の水戸方面に遠征に行ったのですが、とある店舗で普通に販売していました。しかも10%OFFで…。
あせって定価で予約を入れたのが悔やまれますが、確実性を取ったということで納得することにします…。

2014/03/30 (Sun) 02:39 | KDD #- | URL | 編集

>KDDさん

確かに中古で買う場合だと価格がそのフィギュアに見合った価格と感じれば、多少出来が悪くても買う場合もありますよね。プライズフィギュアが1~2千円ほどだと買っても良いかなと思いますが、プライズで7~8千円の価格を提示されると買いたくないのと理屈は同じでしょう。
価格相応の出来だと買っちゃうし、不相応だと買いたくありません。
となるとフィギュアの完成度と価格のバランスも基準に入るかもしれませんね。

ちなみにオリヴィエはネットでは完売っぽいですが実店舗では売ってるという情報を今のところ良く見かけます。
ですが、新作フィギュアが入荷する実店舗はそんなに多くないので、うぃんのように地方在住の身としてはやはりネットに依存するしかないんですよね・・・(^^;
新作のフィギュアはネットで予約購入してもすぐに投げ売られる事があったりするので、買った後で安く買える状況に出くわす事も度々あります。
でもまー、買えるときに買っておかないと後々買えなくなる場合も多いので、その辺は割り切るようにしています(^^;
今回のオリヴィエに関してはブキヤなので再販しそうだし、メーカーで考えるのも有りかもしれません。
(あまり再販を頻繁にしてこないメーカーだと確実に初版で入手する必要があるかと思いますが)

2014/03/30 (Sun) 11:57 | うぃん / D7 #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する