東芝 高演色LED電球でのテスト撮影

こんばんは。うぃんです。
今日は仕事が終わってから、先日購入した高演色LEDを使って少しだけテスト撮影をしてみました。


まずは撮って出しの画像をいつもの流れで、調整を入れずに現像してみました。


ニトリの安物電球 EFD15ED/12


東芝 LED電球 LDA9N-D-G

うん。やっぱり色合いが違いますね。肌の色と髪の毛の色が顕著に違います。あと背景の塩ビ版の色も。
次に、少しうぃんの調整を従来のフィギュアレビューと同じように入れて現像してみました。


ニトリの安物電球 EFD15ED/12


東芝 LED電球 LDA9N-D-G

こうやって見比べてみると、やはり、肌色や髪の色が一番変化があるように思います。
全く同じセッティングで撮影できなかったので(電球を交換する時にアームライトが動いてしまうのと、電球を交換してから18%標準反射板を使ってWBをセットし直したため、カメラの位置もずれましたwww)、明確な比較はできてませんが、それでもやはり東芝の電球の方が実物の色に近づきました。

まあ、折角買ったんだし、今後はこの電球で撮影していきたいと思います。
ニトリの電球にあえて戻す理由もないんで…。

それではまたです~。




スポンサーサイト

テーマ: 美少女フィギュア | ジャンル: 趣味・実用