癒し系音楽ネタ

はい。こんばんは。うぃんです。
今回の更新は前回の記事に引き続き、ゲーム系でのネタになります。
え? フィギュアのレビューはどうしたって?w
もはやフィギュアレビューどころか、うぃんの毒舌と趣味のBLOGになりつつありますね・・・(汗)


さて、タイトルにもあるようにうぃんが好きな癒し系のゲーム曲をいくつかご紹介しておきます。
うぃんは結構音楽が好きでして自宅のPCでもヘッドホンを装着しながら、メディアサーバーのHDDに撮り溜めた数千曲の曲を【ONKYO製 SE-200PCI LTD】 のサウンドボードとONKYO製のアンプ【FR-N9】を使って聴いていますw
ツイッターのプロフィールでも書いてあるように基本的には電子音楽系や癒し系、インストゥルメンタルが好きなんですが、
前回の記事でベタぼめしていたトゥームレイダーについても実は音楽もかなりいいんですよね。

検索してみると似たような意見の「教えて!goo」の質問をみつけました。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2049754.html
いや~、同じような意見の人もやはりいるもんですね!(^^)

特にトゥームレイダー1~4の音楽は神がかかってます。
1のメインテーマは、ゲーム中のポイント毎に流れるんですが、これがまた心地良い曲で癒されるんですよ。
この心地良さはゲームをやればわかります。きっとw

トゥームレイダー1 メインテーマ


あとは教えてgooの質問にあったバイオのセーブ部屋の曲。
これも癒し系ですよね。
バイオ1をプレイしていた時に聴いてて好きになりました。
もの悲しい感じの寂れた雰囲気の曲で大好きだったり(^^)

バイオハザード セーブルーム BGM


さて、個人的にお勧めなのがザナドゥ・ネクストの【クローバールーイン】の曲。
こちらはPC専用ゲームなので、聴いたことが無い人が多い気がしますが、曲も大変綺麗なので紹介しておきます。
ゲーム最初の街を出たところで流れるので、結構序盤に聴く事ができますよ。
こういった悲しい曲は大好きですw

Xanadu Next - Clover Ruins

 
同じくザナドゥ・ネクストからもう1曲。
こちらも先ほどの曲の次のステージ辺りの曲ですね。

Xanadu Next - The Treacherous Woods


お次はやはり、これを紹介しておかねば・・・という感じでICOの曲を紹介しておきます。
うぃんはゲームで好きになり音楽CDを買いましたが、エンディングの曲【You Were There】は名曲ですよ。
2曲続けて流れるんですが、2曲目の【Castle in the Mist】も個人的に大好きです。
このなんていうか、パンツァードラグーン的というかw、天空の城ラピュタ的というかw、この辺の作品は世界観が似たような雰囲気に感じます。。。。

ICO - You Were There (lyrics)



ICO - Castle in the Mist





それでは、最後に。
先日ツイッターでも呟いたけど、Chicaneがニューアルバムというか20年目のベストアルバムを出したので早速買いました。



こちらの【Twenty】から、1曲貼り付けておきます。
これも良いアレンジなのでお勧めです。

Offshore (Thomas Datt Remix)




という訳で、他にも似たような曲で良いのがあったらコメント欄ででも教えてください。
お待ちしておりますw



    


スポンサーサイト

テーマ: 趣味と日記 | ジャンル: 趣味・実用

Chicane THE SUM OF ITS PARTS

こんばんは。うぃんです。
本日の更新は久々に音楽ネタです。
フィギュアレビューブログとしては合いませんがまあどちらもうぃんの趣味でして(^^;、趣味のブログというスタンスなのでご容赦下さい。

実はフリーイングのサテライザー エル ブリジット YシャツVer.のフィギュアが今日届いたのですが、箱を開封したら予約していたCDが一緒に入っていました。
どちらも予約購入だったので別送になるかと思っていたのですが、まさか同じ箱に入ってくるとは・・・・って感じです。

で、届いたCDはこちらです。
02973.jpg

【Chicane THE SUM OF ITS PARTS】


Chicaneのニューアルバムです。
うぃんが所有しているChicaneのCDとしては丁度10枚目のアルバムとなりました。

予約したのは昨年の9月13日。
まだAmazonで商品ジャケット画像が用意されていない状態での予約でした。
当初は昨年11月発売予定だったのですが、本国でも発売されなかったのかAmazonからのお知らせで入荷未定とのメールが届き、そのままいつ発売されるか謎の状態になっていました。
まあ、いつでもいいか・・・との思いで予約をキャンセルする事も無くそのまま放置プレイ状態に突入。
(ま、この辺はフィギュアの延期で慣れているわけでして・・・・(笑))
しかし今年1月中旬頃、ついにAmazonでの商品ページでもジャケットの絵柄が表示されるようになり、ようやく発売されたというわけです。



とりあえず、サラッと聴いてみました。
うん! いつものブレないChicaneサウンドですw
こういった曲調が好きな人は安定して聴けるミュージシャンなのかな~と思います。

海外ミュージシャンの曲って結構アルバムによってかなり音が変わったりするのですが、Chicaneはずっと似たような雰囲気を保っています。
アルバム1曲目の幻想的な賛美歌を思わせる曲調で始まるところは、最近のアルバムでの定番になっている感じです。
前作Thousand Mile Stareも、前々作Giantsもそんな曲でのスタートでしたね。

とりあえず、1曲ようつべの曲を貼っておきます。






海外では音楽のダウンロード購入が定番化しているようですが、日本は世界と逆行してCDの方が売れているとの事。
ASCII.JP 【日本は世界と逆行中!? 音楽配信サービスシェア早分かり】

うぃんも同じ考えです。
やはり好きな音楽はジャケット有りのCDで所有していたいですよね。
というより、そもそも、特定の許可したハードでしか再生できないDRMの存在が扱いにくすぎるので、それならCDで買って自炊したMP3で聴いた方が良いという考えもあります。

この辺は電子書籍も似たような感じですよね。
ようやくAmazonのKindleが定番化されそうな雰囲気ですが、各サービスで区々なデータの扱いのため互換性がなく、折角購入した電子コミックのデータが他のハードで再生できないという扱いにくさ。
SONYのPSストアがコミック終了の道を歩みましたが、こんな事は本来あってはならない事だと思うのですよ。
http://www.jp.playstation.com/info/release/nr_20120215_psp_comicstore.html

そんなもんに金払ってコミック全巻揃えたいと思えません。
ハードが壊れたりサービスが終了すれば集めたデータも使い物にならないし、もっとユーザーライクに使えるシステムにしないとダウンロード購入する気になれないです。
ebookjapanのトランクルームシステムとか使いにくすぎ。あれじゃダメだ。
他のPCで読みたい場合になんで一旦トランクに戻さなきゃならんのだ・・・。
せめてクラウド化して自分のアカウントにログインすればどんなハードでもいつでも何度でもダウンロードできて読めるようにしてほしい。
そのようなサービスが始まるまではいつでも何十年経っても読める、紙媒体のコミックスで揃える方が良いに決まってる。
という考えは古臭いのかなー・・・・(^^;

もしかしたらそういったサービスももう始まっているのかもしれませんが、まだ電子書籍の価格自体も高すぎると思うので、調べてないし、調べる気もあまり起きないうぃんでした。


「R:RACING EVOLUTION ダイレクト・オーディオ」

こんばんは。うぃんです。
前回のフィギュアレビューから、旧やまと(現アルカディア)の「CL#026 新世紀エヴァンゲリオン 惣流・アスカ・ラングレー」などを撮影していたのですが、なんか自己満足できない画像になっているので、そのまま放置になっています・・・(^^;

今回はフィギュアレビューとは全く関係の無い話題ですが、個人的に待ち焦がれて忘れていた()「R:RACING EVOLUTION ダイレクト・オーディオ」 を、先日ポチって今日届いたので、とりあえず記念に書き込んでおこうという内容です。



この「R:RACING EVOLUTION」というゲームは今から10年以上前の2003年に、PS2やX箱、GC等で発売されたリッジの流れを汲むナムコ産のレースゲームなんですが、当時ゲームを遊んでいたときに、このゲームの曲が気に入りサウンドトラックのCDが出ないかな~・・・と思って待っていたのですが、どうもゲーム自体の人気が無かったのか、他のリッジ系のゲームサントラはその後も続々とCD化されていく中で、こいつのサントラだけは一向に発売される気配がありませんでした・・・。

ゲーム発売後の2~3年ぐらいまでは情報を求め、たまにWEBでチェックしていたのですが、それも忘れてしまい結局チェックする事すらしなくなってしまったのです。

で・・・・何気に、先週の土曜日にAmazonで色々な物の検索をしていると・・・・。

お? なんか「R:RACING EVOLUTION」のサントラCDが発売されている!!!!!
しかも発売日が2014/9/19で、ついこの前に発売されたばかりというタイミングでうぃんの目に留まる事になりました。
その時の在庫が残り2個だったので、もうこれは今買えって事でしょ・・・と、すぐに速攻でポチりました。



まあ、このようにリッジレーサーのダイレクトオーディオ系のCDは買い揃えてるもんで、どっちにしろ目に留まった以上は外せない訳ですが。

(スィープレコードSHOPで購入すると8/29から買えて、スペシャルCDももらえるという情報は後で知ることになりましたとさ・・・w)

しかし本編のゲームが発売されて11年も経ってからサントラなんて出る時代になったんですね。
確かに今はAmazonなんかを見ていても、結構レアなゲームの音源もどんどんCD化されて行ってるので、その流れに乗って「R:RACING EVOLUTION」もCD化されたという事でしょうか。
(ゲーム音楽というニッチな市場がさらに細分化されて、多種多様な商品が発売されるようになったのが現代の流れなんでしょうけどね)

ちなみにこのシリーズのジャケ画って、顔は出さずに女性の身体の部位を画にしてるんですけど、個人的にこういう画が昔から好きなので、うぃんのフィギュアレビューの写真でもよくやります・・・・w
前回のフィオナのトップの画像とかね・・・・w


10/1追記
この記事に拍手してくれた yukikazeさん。
拍手コメントありがとうございました。
うぃんもリッジで最後までクリアしたのは、実はR4が最後かもしれません。
その後の リッジ7 や R:R EVO等も購入し遊びましたが、最後まで遊びきっていません。
まあ音楽は似たような系統ですので、CDはずっと買い続けている状況といったところでしょうか(^^;
ドライブにはもってこい・・・の音楽揃いですしねw
特にR4は名曲揃いでしたよねー。
CDはこれですねw → [ R4 RIDGE RACER TYPE 4 DIRECT AUDIO ]


テーマ: 趣味と日記 | ジャンル: 趣味・実用

Shingo Nakamura の NEWアルバムを購入。

はい。今回はフィギュアとは無関係なネタとなります。
うぃんが好きな音楽ネタですね。

タイトル通り、買ったのは Shingo Nakamura の NEW アルバムとなる「DAYS」です。

DAYS

DAYS

うぃんが購入したのは初回限定版ですが、特に通常版と収録されている楽曲に差が無いと思われるので、拘らないなら価格が¥1000安い通常版でいい気がします。

一応、初回限定版はAmazonの説明によると500枚限定だそうですが、これが本当ならうぃんの手元にある1枚はその中の1枚なので、1/500って事になるのでしょうね。しかしこれだけ出荷数が少ないならシリアルNo.でも刻印してくれていると1/500という事実が認識でき、初回限定版を所有している満足感も非常に高くなるんですが、そのような刻印は全くありませんw
ファン心理としては、こういった点も含めてもう少し拘って販売して欲しかったな~と思います・・・。

さて、Shingo Nakamura についてですが、ここ2年以上前から彼の作る音楽の虜になっていて、最初に彼の存在を知ったのは思い出してみると多分 Solarstone が出したミックスアルバムの「 Electronic Architecture 2 」を買った時に、その中に Shingo Nakamura の楽曲である「 DICE 」が入っていたからだったと思います。
他にも好きなアーティストは沢山いますが、うぃんの中では個人的にベスト3に入るぐらい好きなアーティストになりました。

今現在の日本では、この系統のジャンルが好きな人ってあまりいないような気がします。
Shingo Nakamura は海外でもそこそこ知名度あると思うのですが、ニューヨークでもギグを果たしたようなので、もっとファンが増えるといいんですけどねー。

うぃんの場合は昔から電子音楽系統の曲が大好きで、それにピアノの綺麗な旋律が入っていると、それだけでポイントが高くなります。
透き通るような綺麗な曲も好きだし、リズムでガンガン鳴るタイプの曲も好きです。
逆にエレキギターが騒がしい曲はあまり好きではありません。
基本的にエレキよりはベースの音が好きなタイプかな。


というわけで、Shingo Nakamura の DAYS より、1曲目の「Fauna」を貼り付けておきます。
こういう曲が好きな人にはお勧めのCDなので気に入った人はポチってみるのも良いかと。


ついでに DICE の方も貼り付け~。



BTのCD購入

久しぶりにCDを購入。尼から今日届きました。
偶に急に音楽を聴きたくなる時があるもんで・・・。


キスデジ出すの面倒なので、IXYでパシャリ。
BT

購入したのはBTの 「A SONG ACROSS WIRES」「NUOVO MORGEAU SUBROSA」の2枚です。
内容的には「A SONG....」の方は2枚組みの傑作だった「These Hopeful Machines」の流れを組むアルバムで、「NUOVO....」の方はその前作の「If the Stars Are Eternal So Are You And I」の流れを組むアルバムという感じでしょうか。

これはBTのアルバムとしては「This Binary Universe」→「If the Stars Are Eternal So Are You And I」→「NUOVO MORGEAU SUBROSA」が同系列な曲調ですね。
この辺の曲調は名曲の「Flaming June」や「FORGET ME」が好きな人に取っては受け付けられない曲調かもしれないけど、自分はこういったリラクゼーション系とか瞑想調の曲が好きなので「NUOVO....」の曲は全然問題なく好きです。
ゆっくりと1人で聴くときには前作「If the Stars Are Eternal So Are You And I」と同じように宇宙を感じられるような曲調で、心が洗われる感じがします。

そういやATBが似たような感じでアルバム出してましたよね。
2枚組みのCDのうち1枚目がノリの良いダンスミュージック系の曲でまとめていて、2枚目がチルアウトやらアンビエント系の曲でまとめていて、2種類の味が1つのアルバムで楽しめるようにアルバムを出してました。
これも個人的には2枚目を良く聴いてましたが・・・w


で、こういった静かな曲調が嫌いな人は「A SONG....」の方がおすすめでしょうか。
こちらはBTが作曲したというよりは元々ある楽曲のBTアレンジバージョンだと思うのですが、まあ、BT節があちらこちらに散りばめられてて、ファンに取っては聴きやすくてノレるアルバムかと思います。

「A SONG....」から1曲、youtubeの公式アップロードを貼り付けておきます。



もう一つが「NUOVO....」から1曲。
個人的にはこちらの方が好みだったり・・・。
これは良いアルバムですよ。