トゥームレイダーはやっぱり面白い

こんばんは。うぃんです。
さて、今回の更新もゲームネタになります。

この時期にこのタイトルでの更新だと「ライズ オブ ザ トゥームレイダー」の事だと思うでしょうけど、そうじゃありません。
初期のトゥームレイダー3の事ですwww
前回の更新にてPS版のトゥームレイダー3を遊び始めたと書きましたが、そのまま遊び続けているんですね。
PS4PROやPSVRが発売され、世の中のゲーマー諸氏は4K画質だのVRゲームだのといった美麗グラフィックやバーチャルリアリティ主観のゲームが話題になっていますが、そんな中、なんとうぃんは初代PSのゲームを遊んでいますw
トゥームレイダー3のPS版が発売されたのが1999年3月4日(Amazon調べw)ということで、もう17年以上前に発売されたゲームになります。

まあ、レトロゲームが好きなゲーマーもいると思うので古いゲームを遊ぶ人はそんなに珍しい事じゃないのかもしれませんが、そのような人達はもっと古い時代のゲーム、2D画面でスプライトや拡大縮小処理、多重スクロールといったネタのゲームを遊ぶ方が多いと思うので、変に中途半端な時代(初代PS~N64時代)の荒いポリゴンゲームを2016年現在でネタにしてブログにしている人もそうそう居ないのだろうな~と思いながら書いています・・・w

でも、これが面白いんだわ。
攻略本など読まずにプレイするとかなり楽しめます。
この前まではPS2のレジェンドとアニバーサリーを遊んでクリアしたんですが、アニバはともかくレジェンドはつまらなくて、あれと比べると何倍も面白く感じます。
初代の孤独感が戻ってきた感じだし・・・。

グラフィックはもう何このカクカクした画像は?といった古いポリゴンゲーなんですけど、それも味があっていいのかな~と。
ほら。マインクラフトとかそうじゃない。
うぃんはやった事ないけど、やたら流行ってるよね。
YouTuberのヒカキンも毎回レビューしてるし、やっぱりゲームの面白さは画面の綺麗さだけじゃないんだよな~と実感しました。

折角だからトゥーム3のSSでも撮りたいんですが、1Fのリビングで遊んでいるから、生活空間に三脚を使って一眼レフを設置するのも邪魔すぎるので、お手軽スマフォで撮った写真を掲載してみます。



はい。トゥームレイダー3のPS版がコレです。
1枚しか撮りませんでしたが、何がなんだかぐちゃぐちゃしていて目に宜しくないですねぇw
まあ、ゲーム中、ずっとこんな感じだから・・・w

一応、自宅リビングの42型レグザにはPS2、3、4を繋いでるんですが、PS2だとD端子接続で4:3比率のゲームが16:9で圧縮されて全画面表示されてしまうので、PS3の方で遊んでいます。
PS3だと4:3比率のままだしドットも立っているしで、昔のRGB画面で遊んでいるような画質で遊べちゃいますね。

現在、インド面の3面までクリアしましたが、初プレイでのクリア画面が以下の通りです。







クリア時間はかなりかけてます。
うぃんのゲームプレイスタイルが、ステージの端から端までじっくりと探索しながら進めていくスタイルなので、余計に時間がかかっていると思います。
アイテムもできるだけ回収したいので時間をかけて探索しているけど、その割にはシークレットが全然取れてません・・・(^^;

しかし、このトゥーム3。
まだ序盤ですが遊んだ感想としては、結構最初からテクニックを要求する場面があって、玄人向けというか経験者向けという感じがします。
2面の滅びた寺院から急にトラップが増えてくるし、時限トラップも増えてくる感じですね。
3面はバギー面ですが、簡単にクリアするならバギーで山越えルートがお勧めです。
うぃんは、PS3の仮想メモリーカードを2枚分作って、セーブポイントを2ヶ所に分けて遊んでいるんですが、クリア後にもう1枚のセーブデータをロードして、分岐点らしい場所から、もう一方のルートも遊びました。
しかしこちらのルートは、あるポイントがかなり難しくて、うぃんも攻略を諦めかけていました。

川越えルートで先に進めるためには、門の鍵を2個入手しなくちゃならないんですが、2個目の鍵がみつからない。
遺跡っぽい部屋の行き止まりで1ブロック下がって真上にジャンプして手を引っ掛けて登る場所があるんですが、その穴から地上に出た目の前の木の枝に登れます。
(左に足を踏み入れるとゲームオーバーの底無しの砂地があって、その反対側の壁の上の段にクリスタルのある場所です)
まずは見た目にわかりやすい左の斜面を使って反転ジャンプして枝に飛び移ろうと誰もが考えると思うわけですが、この方法だと絶対に枝に手が届きません。
その反対側の木の根元からジャンプ→着地点が右斜面になってるのでそのまま即ジャンプ→登ってきた穴を飛び越える形で上の足場に手が届く(アクションボタンを押しっ放しにするのを忘れずに)→その上に登る。
が正規ルートになります。
ここに登りさえすれば、ようやく木の枝にジャンプできるようになります。
あとは木の枝の先の壁にジャンプして普通に進めば、まあ解けると思います。
2個目の鍵を取って仕掛けをクリアしたら、バギーの場所まで戻る事にはなるけど。




しかし、面白いんだけど、PC版に比べてPS版は画面の見難さが余計に難度を上げているように思うので、テクスチャーをもっとどうにかできなかったのかなぁ・・・と。
そんなうぃんは、実は3~5のみPC版も持ってます・・・w
左がPS版で右がPC版です。







今やスチームでも安価で買えるようですが、うぃんは昔に日本語パッケージ版を購入していました。
ただし、ほんの少し遊んで全て積みゲーと化していたので、この前、中古品を安価で購入したお手軽に遊べるPS版で現在遊んでいます。
PC版はいつかやろうと思って買ってたんだよねぇ・・・・。

とりあえず今のPS版をクリアしたらテクスチャがもう少し綺麗なPC版をやって感動してみるかな?w
こちらはロストアーティファクト込みだしな。





スポンサーサイト

テーマ: 趣味と日記 | ジャンル: 趣味・実用

PS2版「トゥームレイダー レジェンド」クリア報告と戯言

こんばんは。うぃんです。
今回の更新はタイトル通りの内容と戯言中心となります。
最近のブログネタの半分はフィギュアとは無関係な話題になっていますが…。

フィギュアのレビューをするということは、フィギュアを購入する → 所有フィギュア数が増える → ケースで飾ろうが箱で保管しようが占有スペースが必要となる → 結果的にフィギュアの収集量が徐々に少なくなる → 最終的に卒業
という形になる方が多いと思います。

うぃんの自宅も天井裏の8畳ほどのロフトスペースにまだ余裕はありますが、2年前に引っ越してきた当初よりはさすがにスペース占有率が多くなってきているので、これ以上収集してもきりがないという状況になってきています。
なので、気に入ったフィギュアのみ購入する形がさらに厳選されるようになり、今後は購入数も確実に減り続けそうです。

まあ、ネットで見かけていた他のフィギュアレビューサイトも、更新がストップしているか、レビューから他の内容に移行されているところが増えてきています。
うちとリンクさせていただいているフィギュア関係のサイトの方々も、リンクした当初よりはレビューを続けている所はかなり減りました。
流れとしては以下の3つのどれかに大体当てはまります。

(1)更新ストップ
(2)イベントのレポートが中心になる
(3)写真撮影の流れでフォトブログになっていく

という感じでしょうか。

(1)は気力が無くなれば即そうなります。
(2)はイベントが集中してある、東京都心へ通える範囲に在住の方限定。(関西でもあるだろうけどやはり関東が強いでしょうね)
(3)は写真撮影が好きになって、アウトドアでもそこそこ楽しめる方限定。

うぃんの方向性としては、地方在住なので(2)は無理ぃ。
写真は好きだけど出不精でもあるので(3)にもなりにくぃ。
となると残るは(1)wwww

ああ、でも(4)という他の内容へなるかもしれません。
ゲームネタとか日常の戯言とかは(4)って事になるかな?
まあとりあえず(1)か(4)かのどっちかです。はい。




話が最初から横道へそれましたが、PS2版の「トゥームレイダー レジェンド」をクリアしました。はい。

トゥームレイダー:レジェンド

前回クリアした「アニバーサリー」に続き、PS2のゲームを続けてクリアです。

クリアしたのは少し前になりますが、クリア時間は15時間ぐらいだったかそれぐらいです。
感想としては初代トゥームやアニバーサリーを楽しんだ人に取っては生ぬるいトゥームらしからぬトゥームといった感じでしょうか。
これはトゥームレイダーをあまりやった事の無い人向けのゲームな気がします。
初見さん向けのトゥームレイダーといった感じかな・・・。
評判の良くない「美しき逃亡者」はうぃんはまだ未プレイなんですが、「トゥームレイダース」「トゥムレイダー2」「アニバーサリー」をクリアした身からすると一番簡単でしたね。
まずトラップ解除やルート探索に行き詰まる事がほとんどありません。あるとすればボス戦ぐらい。
まあ、それも少しやっていれば何となく倒し方が理解できるようになります。

あと歴代トゥームでは各所に落ちている弾薬や回復アイテムを出来るだけ取得して、節約しながら使うというプレイスタイルをしなきゃならないんですが、レジェンドではそんな事しなくて構いません。やるだけ無駄です。
ステージクリアする毎に初期装備に戻されますから・・・・(^^;
今回、人間の敵が多いんですが、敵から弾が充填済みの銃や手榴弾、回復アイテムがたくさんドロップします。
なので、使いまくってOK。
ここら辺も難易度を下げている要因ですね。

他には、こんなところも引っ掛けるの?と思うぐらいにグラップルアクションは多用します。
なので、「詰まったらグラップルを使う」ぐらいの感じでいいでしょう。
グラップルの利用はいくつかあって、
(1)固定されている金具等に投げて引っ掛けてプレイヤー自身が宙吊り状態でターザンのように移動する。
(2)手の届かない場所にある物に引っ掛けて引っ張って、プレイヤー側に逆に物をたぐり寄せる。
(3)移動できる足場の上で、固定されている金具等に引っ掛けて足場ごと移動
割と(3)はここぞという場所で使うので、これを忘れないようにすればまず大丈夫じゃないかと・・・・。

トゥームレイダー:レジェンド

トゥームレイダー:レジェンド

トゥームレイダー:レジェンド

トゥームレイダー:レジェンド

クリア時間も短かったのに、実質のクリア日数がかかったのは、あんまりハマって楽しめるほど面白くなかったっていうのが正直なところでしょうかね。
上記の写真にある強制バイクステージもあんまり好きじゃなかったなぁ・・・・。

というわけで、お次は3、4、5、アンダーワールド、美しき逃亡者、PS4のトゥームとあったんですが、今更ながら、初代PS1用の3に手を付け出してます・・・・w
さすがに、PS2のグラフィックになれると、初代PSのグラフィックは荒いんですが、まあこれも味って事で・・・w
難しいという感想も目にしたので、うぃんでもクリアできるかちょっと心配ですが・・・w




最後に、PS3の修理の話です。
うぃんの自宅にはPC部屋に初期型の60GBのCECHA00と、リビングにスカーレットレッド色のCECH-3000Bの2台があります。
そのうち初期型の方に関しては、光学ドライブの読み取り不良が発生してきて、BDとCDは読めるんですがDVDが読み込めなくなってしまいました・・・・。
おかげでPS2のDVDメディアのゲームは起動できなくなりました(^^;
CDメディアのPS2のゲームは動くんですが、光学面が青いCDメディアのゲームはほとんど持ってません。っていうか数もあんまり無いはずです。
手元にあったファイティングバイパーズのPS2版がCDメディアだったので、これは起動してゲーム出来るんですが、他にある沢山のDVDメディアのゲームは起動できません。

で、なんとなくグーグルで「PS3 修理」と入れて検索していると・・・・。
今でも初期モデルを修理してくれる業者が2つもグーグルの検索トップの広告に出てきたではありませんか・・・。
SONYではとっくに初期型の修理対応は終わっているので、今でも初期型の修理ができるのなら、うぃんも修理に出したいと咄嗟に思ったのですが・・・・・まあ、とりあえず評判を確認しようとそのショップ名で検索してみました。

すると、出るわ出るわ。ヤフー知恵袋や個人ブログでの多数の怪しい結果報告が・・・・・・www
うぃんは直接被害を被ってないので、ショップ名の記載は避けますが被害にあわれた方のURLを貼っておきます。

http://kaminohime.blog96.fc2.com/blog-entry-154.html
http://kaminohime.blog96.fc2.com/blog-entry-155.html

上記の業者はとんでもないですね。
修理できないとメールしてきて、そのまま客の承諾を得ずに勝手に廃棄しましたと連絡してきたすごい業者です。
これって、いくら壊れていても所有権が他人の物を承諾を得ずに勝手に廃棄するのは立派な犯罪なんですけど、そこのところはどうなんでしょうね。
これは破棄したと嘘をつき、そのPS3をパーツ取りに利用したか、オークションでジャンクとして出品したか、もしくは修理完了したものをオークションやネット販売などで中古品で出品したんじゃないかと、うぃんは邪推しましたけどね。


http://keilix.blog58.fc2.com/blog-entry-380.html


こちらの業者の場合、依頼者がPS3のYLOD修理で本体を発送したら、届いた本体の外装が輸送時に壊れていたので、その分の修理費が発生すると連絡してきたようです。

う~ん・・・・・・・。

クロネコヤマトさんの肩を持つわけではないんだけど、本体をプチプチで包んでダンボール箱にPS3が揺れない程度に新聞紙を詰めた状態らしいので、依頼者も割りと気を使って梱包して発送しているとは思うので、この写真のように盛大に破損して業者に届く事は考えにくいです。しかも精密機器在中の大きなシールが貼ってあってです。

梱包物がこれだけ破損して届くという事は、それ相応の外圧がかからないとプチプチや新聞紙等で梱包されている中身のPS3まで壊れないので、当然ながらダンボール箱にもそれ相応のダメージが入っているはずです。
うぃんも仕事上の経験や今までのオクでの取引回数をプラスすると、相当数(多分仕事だけで2000回以上)のクロネコヤマトを利用してきているのですが、あくまで個人的な経験上での話になりますが、本当に運送時にダメージが入ったと思われるダンボールの凹み等は、配達の人がちゃんと配達時にその部分の確認を取って来ます。割りと小さな穴でも・・・です。
特に精密機器なんてシールがはっていれば余計にそうでしょう。

ところがこの業者は受け取り時に確認していないんでしょうかね?
また、外装交換で23000円と高額を請求してきた事と、事実確認のためのクロネコヤマトの連絡を拒否っていたところなどを考えると、外装の破損は運送時の破損ではなくて、故意にこの業者が壊したか、実は壊れていないのに別の壊れたPS3の写真を依頼者に送ってきたと邪推します。

まあどちらの業者にせよ、すでにメーカーが修理対応を終えている製品を修理できるとしているところが怪しいですよね。
うぃんは修理せずに、PS3ゲーム&BD再生用として初期型機をご臨終となるまで使う事にしました。
PS2のゲームはPS2本体で遊べば良いので・・・。


そんなわけで、古いPS3を使用されている皆さんはくれぐれもご注意くださいませ。


テーマ: 趣味と日記 | ジャンル: 趣味・実用

PS2版「トゥームレイダー アニバーサリー」をクリアしました。

こんばんは。うぃんです。
今回のBLOG更新はゲームネタです。
先日、購入したトゥームレイダーのソフトですが、ようやく1本だけ最後までクリアしました。
クリアしたのはPS4のリブート版 トゥームレイダーではなくて、PS2版のトゥームレイダー アニバーサリーになります。
トゥームレイダー アニバーサリーとは・・・解説が面倒なので、以下Wikiからの引用を(^^;

トゥームレイダー:アニバーサリー
Xbox360/PS2/PSP/Wii/PC
Mac(海外版)
8作目。トゥームレイダー誕生10周年を記念し、1作目をレジェンドのエンジンでフルリメイク。オリジナル版とは異なり「まだ人を撃ったことがない」ことや、「まだ冒険者として成熟していない」など、ララに対する設定が新たに追加されている。これらの設定の意味合いは大きく、物語が進むにつれてララが成長していく様子が垣間見ることが出来るよう変更がされた。トビー曰く、「最近のゲームは意味もない人殺しが多すぎる」という近年のゲームに対しての意見もあったことにより、人間の敵を極力減らし、動物の敵をメインに制作したという。また、動物を撃っても気持ちが落ち込まないように動物の顔を凶悪に作ったとこのゲームのおまけであるコメンタリーで語っている。Core Designが2005年に「美しき逃亡者」の失敗の後、1作目をリメイクしたPSP及びPS2、PC向けの作品として「Tomb Raider Anniversary Edition」を発表して開発していた。2006年リリースを予定していたが、最終的に開発はキャンセルされた[9]。Core Designがシリーズから撤退した後、Crystal Dynamicsが代わりに本作を開発した。


シリーズの中では8作目という事になるようですね。


トゥームレイダー:アニバーサリー


[Read more...]



PS4買ったった&戯言とトゥームレイダーのお話

こんにちは。久しぶりのBLOG更新のうぃんです。
最近はほぼ月1回の更新になっちゃってて、フィギュアのレビューも全然してないしヤバイ状況ですね(^^;
かなりのBLOGが同じような運命を辿ると思うんですけどうちも例に漏れずに似たような状況になってます・・・。
すでにここに定期的に来てくれてる人もいないと思うんだけど、まあ、趣味の範囲で始めたBLOGなんで良いかな。。。と(^^;

個人的に最近あった変化としては、重い腰を上げて、ようやくPS4を買った事ぐらいかな?
まあ、ずっと買わなかった理由としては、PS4専売のソフトが少ないのと、なんとなく面白そうな興味をそそるゲームがほとんど出て来なかったのが原因のような気もします。

そもそも国産のコンシューマゲーム市場その物がスマフォのゲームアプリにユーザーを取られちゃっててヤバイ状況になってます。
SCEもSIEとなって本社がアメリカに移転しちゃったし、騒がれているポケモンGOも開発はほとんどアメリカの企業だしさ。
日本のアニメやゲームのコンテンツ産業ってのは、対外的には安部総理がリオオリンピックの閉会式でマリオコスプレで話題になったように世界的にも認められている地位になってきたのだけども、足元の国内市場はその逆で結構冷えてきてる。
もう海外に向けて売りに出すしか儲ける事ができないようになってきてるんだよね・・・。
(PS4なんかも結局、日本の発売は後回しだったし)
なもんで、国内向けの面白そうな国産ソフトは、もうあんまり出て来ないし期待もできない。
そうなってくるとPS4のソフトもコンテンツが揃わないから、その大半が洋ゲーになっていきている始末。
PS1やPS2の時代はこんな状況じゃなかったよね。洋ゲーなんて一握りぐらいしか発売されなかったし、洋ゲーを求めている大人のゲーマーはPCにプラットフォームを持って行っていた。
結局のところ、これらの遠からず原因の一つになっているのが、スマフォアプリやソーシャルゲーム業界だと思ってます…(^^;

ま、この辺の愚痴は下の方でもう少し書きますが、個人的にPS4を買っても良いかな?と思える動機が2つほど出てきたので、今回は意を決して買ってみましたよ。
1つ目はまず「人喰いの大鷲トリコ」の発売が決定された事。
ICOとワンダの巨像を楽しんだ身としては買わずにはいられないでしょ~。
今のところは10月の下旬に発売予定となってるので、あと2ヶ月後ぐらいですかね。



元々PS3で発売予定になっていたんだけど、PS3のハードウェア的な性能不足で、あるシーンを表現するだけの性能が足りなくて、結局開発が頓挫してたようです。それがPS4の性能となってようやくクリアされたという感じらしいですね。

2つ目は少し興味のあるPSVRが発売される事かな。



PSVRの方はプレ値になっててすぐに買えそうにないんで、まあ、レビュー待ちと普通に予約せずに買えるようになったら、その時に買うかな・・・ぐらいの気持ちですけどね。
あと廉価版の薄型PS4が9月に発表されるらしいです。
ついでにハイスペックな高価なPS4も発表されるらしいので、PS4の本体が気になってる人はもう少し待つのもいいかもしれません。






ってな訳で今のゲーム市場のお話。
うぃんは関係者でもないし仕事も別の業界なので、あくまでネットでの情報や周りの雰囲気(テレビCMや実店舗の状況等)、肌で感じた雰囲気での素人意見になります。

今の日本のコンシューマゲーム市場が冷えてきたのは、上にも書いたけど、やはりスマフォ等のゲームアプリが氾濫してきたからだと思ってます。
それと昔と違ってPS4やXBOX1でゲームを1本作るのには、かなりの時間と開発力と資金が必要な事。
もう数人の開発チームで数ヶ月~1年ぐらいでゲームを出せる状況じゃない。
ファミコン~初代PSぐらいまでの時期にゲームを作っていた中小のソフトハウスだと資金は足らないわ、今の冷えた状況だと売り上げも莫大な開発費に食われて純利益は大幅に見込めないわで、そりゃ簡単に作れちゃうスマフォゲームに行っちゃうよな~と。
しかも大ヒットすればアホみたいに儲かる。

まず、グリーやDeNAのモバゲーに代表されるソーシャルゲーム業界が発端。
あの人達がライトユーザーを対象にして相当美味しい汁を吸っちゃいました。
その後、パズドラの大ヒットが悪い前例を作っちゃったと思います。
あれってゲームの内容的にはSFCクラスのゲーム機でもできるシステムでしょ?
ただ、ハード自体で通信できるもんだから、新しいキャラとかイベントを追加できる強みはあるけどさ。
でも所詮はパズルゲームなんだよね。
SFCで遊べた「ぷよぷよ」や「パネルでポン」のようなパズルゲームとなんらかわらない。
そんな開発資金も人手も時間もかからずに作れるお手軽ゲームなのに、ごり押しのテレビCMでユーザー集めまくって莫大な利益を得てしまった。
一部の開発力も何も無いベンチャー規模のゲーム会社がプラットフォームをスマフォにしたおかげで、ライトユーザーが食いついてきてアホみたいに儲けまくって、一時期、任天堂の株価を追い抜くほどの勢いで稼ぐ事ができたわけだ。
それならと、ゲームなんて見向きもしてなかった潰れかけてたMixiが、本業のソーシャルネットワークが海外製のフェイスブックやツイッターに押されて急遽方向転換。
パズドラに触発されて二匹目のドジョウを狙って成功したのがモンストだよ。

個人的にはそんなスマフォのゲームアプリを、毎日のようにテレビのCMで大々的に宣伝して、
洗脳さながらにゴリ押ししまくってる今の流れが割と嫌い です。
それに一部の金蔓ユーザーを探すような基本無料のえげつない課金システムばかりに頼っていて余計に好きじゃない。
任天堂やセガ、SCEが作り上げ、ゲーム機の性能が年々進化しグラフィックが向上し続けてきたゲーム業界を、いきなり一昔も二昔も前の時代のゲームシステムにまで押し下げてぶち壊し、ゲーム後進国にしてしまったのはこいつらの責任だと思ってます。


とまあ、愚痴ばかり言っても仕方ないんだけど、そんな考え方からうぃんはスマフォのゲームにはほとんど手を出してません。
課金は1度もした事がないし、無料で遊べる範囲のみで暇つぶし程度にツムツムとSkyForceはたまに遊んでるぐらいです。
(ここ数ヶ月は起動もしてないけどw)
昔みたいに・・・とは言わないし、(難しくて)とても言えないけども、もう少しはコンシューマ市場も国内で盛り上がると良いなと思ってます。




さて、PS4に話を戻しますw
仕事で付き合いのある人にトゥームレイダーが面白いという事を聞いていたので、早速買ってきて遊んでみました。
さすがにグラフィックの完成度はすごい物があり、そこそこ楽しい感じで進めてます。

  
【左からPS4版、PS3版、PC版となります】

ただ、これ。初代トゥームレイダースをクリアした身からすると、だいぶ雰囲気違うよね・・・w
(うぃんは初代トゥームレイダースとトゥームレイダー2のPS版をそれぞれ自力クリアした経験者でもありますw)
それと、宝探し的な謎解きよりは、敵が多くてステルス戦闘がメインになっちゃってて、古くはメタルギアソリッド、新しくはアンチャーテッド化?している感じがします。
まあ、初代PSの頃のゲームと比べると雰囲気が変わっても当然っちゃ当然なんだけど、今のところあまり緊張感が無いんだよね。
死んでもすぐにその直前からやり直しが効くのが原因のような気も・・・w

初代トゥームのPS版なんてセーブポイントが決まっていて、セーブポイントのクリスタルを発見したところでしかセーブできないもんだから、セーブ後にある程度謎を解き進めてしまうと、転落やトラップでの即死が頻繁に発生するゲームなので、崖の端を歩いたり飛び移れそうな石段を発見して、実際にそこに飛び移れるかどうかを試したりするのに緊張しまくりでした。
(死んでしまうと、またそこに行くまでの道中のやり直しをしなきゃならないので…)
そういった緊張感が本当に冒険している感じがして好きでした・・・。
初代トゥームとトゥーム2ほど、クリア後の達成感が高いゲームはあんまり無い気がします。

で、そんな流れの中、その後に発売されたPS版のトゥーム3~5と、PS2の美しき逃亡者とレジェンドとアニバーサリーの中古を買っちゃいましたw
(うちにPS2本体が2台とPS3本体が2台あるので遊ぶには困りません…。そのうちPS2の1台は壊れた時用の予備品です。
こちら】の記事にも書いてますが、まだ新品状態で保管しています…w)

これで持ってないゲームは、PS3のアンダーワールドとPS4で今度出るライズ オブ ザ トゥームレイダーだけですかね…。



昨日、久しぶりにPS版のトゥーム4と5の中古を、起動テストを兼ねて遊んでみましたが、初代と2を遊んだ時のあの懐かしい冒険感を感じました。やり始めるとやっぱり面白い・・・。
グラフィックは荒いけど、シンプルなシステムで独特の面白さがある。
数々のトラップや謎を解き明かすワクワク感も出てくる。そんな感じでしょうか。

興味がある人は是非遊んでみてください。
Amazonで送料を350円ほど取られるけど、ほとんど1円から出品されてるのでお勧めです。
(1~5は初代PS版なので、PS、PS2、PS3の何れかの本体を持っている人なら遊ぶ事ができますよー)

    
   


テーマ: 趣味と日記 | ジャンル: 趣味・実用

ArcheAge クローズドβテスト

さてさて見事に20000名の抽選に外れたArcheAgeのクローズドβテストですが、嫁がどうしてもやりたいらしくて、嫁から聞いた話だと当選した人が他の何人かへ招待コードを配布できるらしくて、その配布を掲示板やらTwitterで流している人がいるらしい。

当然、配布している人から個別にコードを教えてもらわなきゃなんないんだけど、なんと自分の分も含めてコードを2個もらってきてくれてました。。。。w
さすがだ!www
仕事からさっき帰ってきたら、自分のメインPCの電源が入っていたので昨晩電源落とし忘れたか??と思ったけど、そのためだったのね・・・(^^;www

まあ、INできるのは明日かららしいんで今晩中にクライアントをダウンロードしといて明日は少しINして遊んでみるかな。
でも、うちのPC環境で大丈夫なのかな・・・?
使用グラボが GTX560Ti と嫁のが HD6870 ・・・。
FF14やTERAぐらいならサクサク動くけど、それより重くないといいね~。